喫煙は中性脂肪が増えやすくなるって本当?

喫煙者に赤信号!?中性脂肪とタバコの関係性

喫煙者に赤信号!?中性脂肪とタバコの関係性

喫煙者は非喫煙者の3.4倍以上もメタボリックシンドロームになりやすいと言われているのを知っていますか?

喫煙というと肺がんなどの呼吸系の病気にしか関係がなさそうですが、実はタバコには血液循環を悪くしたり、総コレステロール、悪玉コレステロールや中性脂肪などを増加させる作用があるだけではなく、内臓脂肪を増やすコルチゾール(ステロイドホルモン)を多く分泌する働きもあります。

さらに、タバコを吸うことで吸収される一酸化炭素は善玉コレステロールを低下させるので、中性脂肪の消費効率が大幅にダウンします。そのため脂肪をエネルギーに変えることができず、皮下脂肪や内臓脂肪がたくさんついてしまいます

一見喫煙というのは肺がんなどの呼吸系の病気にしか関係がなさそうに見えますが、中性脂肪をはじめとした様々な身体の機能にも支障をきたす原因になるのです。

喫煙で中性脂肪が増えれば様々な病気の原因に!

喫煙で中性脂肪が増えれば様々な病気の原因に!

タバコがなぜ中性脂肪を増加させてしまうのかということはお分かりいただけたと思います。しかし、喫煙によるデメリットはこれだけではありません。

本来分泌されなければいけない男性ホルモン、女性ホルモンの分泌が喫煙することで減少し、たんぱく質を糖質や脂質に変えるステロイドホルモンが多く分泌されてしまうこともわかっています。また、タバコは血圧を上昇させたり、脂質異常を起こしたりと、目に見えないダメージを身体に与え続けています。その結果、がんや生活習慣病などの様々な病気に結びついてしまいます。

特に「中性脂肪に潜むこわ~い生活習慣病」でも紹介しているように、生活習慣病では「動脈硬化」「心筋梗塞」「脳梗塞」「脂肪肝」といった重い病気にかかる可能性があります。中性脂肪が増えるとこうした病気を引き起こしかねないので、禁煙することはこういった病気を予防するための大きな一歩になるのです。

メタボな父
やっぱりタバコは吸わない方がいいんですね。

禁煙を成功させるには?

禁煙を成功させるには?

これまで何度も禁煙しようと挑戦してみたものの、途中で挫折してしまったり、やめられないと決めつけて、禁煙を諦めている人もいるのではないでしょうか。

禁煙に失敗する人や禁煙をしたくない人のほとんどが、禁煙中のストレスが原因です。しかし、タバコをやめることで感じるストレスよりも、喫煙をすることで様々な病気を発症させてしまうことの方が、自分自身の身体にとってよくありません。

ですが毎日吸っていたタバコを突然やめるというのは、固い意志がないとできません。自分で吸わないと決めて、やめるのが一番良い方法ですが、禁煙が難しい人やストレスを感じてしまう人は、アメやガムで代用したり、禁煙補助薬やニコチンパッチを使って禁煙する方法もあります。最近では多くの禁煙グッズもでているので、試してみるのもいいでしょう。

また、禁煙外来で2~3ヶ月治療を受けるという方法もあります。禁煙外来で相談すると費用がかかりますが、1日1箱喫煙する方なら、2~3ヶ月分のタバコ代より保険診療で禁煙治療を受けた場合の自己負担額のほうが安くなる計算になります。

メタボな父
禁煙したい方は是非一度禁煙外来へ!
中性脂肪に効果的なサプリランキングTOP8!
運営者情報
中性脂肪を落とす!おすすめの中性脂肪サプリガイド